気分はいつも五月晴れ

自称ゲーマー・ブレイブの気まぐれ日記(・ω・)ノ いろんなことちまちまやってたりします(=ω=)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バカ猫の使い魔日和No.51~おい、どうしろと。編~  

洗濯のときに注意する色様>

師匠がなんかノリノリだー!

戦闘うまくいくと気持ちいいですもんね。これ基本ですきっと!

アテナ同じ属性なのが悲しいです4速シールド。

ゴブアチャでも入れたほうがいいですかね( ゚∀゚)アハハハハ

でもまだ4速シールド持ってないですよぉ。

同種戦でも絶対役立つだろうし…。

どうでもいいですがキュベレー愛されてますね(=‘-‘=)


赤い子様>

まあ僕もあまり言える立場じゃないかもしれないけど、

返事が来ないのは了承の意なのかもう見てないのかわからないんですよね。

僕にしたって小劇場の編集案を求めても意見が来ないし。

並べ替えはいくらかやってみてるけど、どう動いたらいいかがわからないという方が大きいですね。

背景色のこととかでも全然構わないのに…。







再び怒涛の8プレイ!ブレイブだと思う!

神族楽すぃぃぃぃぃぃぃぃっ!神族楽すぃぃぃぃぃぃぃぃーーーーっ!!

重要なことなので2回言いました。

いやあ~、俺わかってきた。ようやく。

神族の立ち回り方っ。

オシリスから火属性2体に変えたのは正解だったかもしれない。

阿とエイル、アフロディーテとサンダルフォン。

この二つの組み合わせをやってみた。

いやあ、実に面白い!

何がって、ヴィシュテテ砲やエイルWシールドとかサンダルフォンで翻弄するのが面白い!

もともとS気質なだけにこういうずるっこいのはたまらないのだ( ゚∀゚)アハハハハ

どっちかというとアフロとサンダルのほうがここらへんは楽しいね。

シーリングUを使えば色々できる。

退却させないよ~?エクセレントとるよ~シールドも封印するよ~(*゚∀゚)ウヒヒ

で、思ったのが。

神族は作戦をきっちり立ててそれが成功しないと強くない。

他の種族でもそうだが神族は特にそうだと思う。

割と適当にやっても戦えるってことは絶対にないかも。

いかにこちらのペースに持ち込むか。

まさに勝負の鉄則なり。

そう考えると結構上級者向けなのか…?

まあとにかく楽しく勝負して勝ったり負けたり。

色々とやりがいがあるのう。

新しいカードはないがよりいっそうアテナ愛が深まった馬鹿です。

施設の解除とサーチの封印、コレ大事!




いよっしゃあああ!!

テンションあがってきたあああああ!

テテ:無駄にうるさい!

無駄にとはなんだ貴様!

新しいデッキがうまくいって喜んでいられるかっ!

テテ:3勝5敗でよく言うわね。

待て。今回の相手で連勝しろって言うほうが無理だ。

テテ:…どうしてよ。

海種のお前には実感がないかもしれんがな、

ほとんどの相手が闇属性3体だぞ!どうしろってんだよ!

ただでさえサキュバスだけでも大変なのに、そこにフォルネウスとチェシャ猫とかマジ勘弁!

なんだあの混種デッキ!詰むわ!

テテ:神族にはきつい相手ね…。

思わずストーリーのエキドナに神族でうっかり突っ込んだときのトラウマがよみがえるよ。

ヴィ:そんなことがあったというのか。

まあね。あのころはまだまだひよっこでなぁ…。

今回負けた相手はぜーんぶ明らかな理由がある。

ヴィ:興味がある。

まず最初。

俺がオシリスを阿エイルに変えたてほやほやのデッキ、相手は俺よりも数段格上の不死と共にあるもの。

ハイ無理。どうあがいても相手のペースでした。

テテ:まだその域まで達していないものね。

うっせぃ、次。

旧テティス、ゴルベーザ、ワグナス。

豪傑デッキは前から苦手。しかも阿エイルからアフロサンダルに変えたて。

憎たらしいくらいだよホント。

それでもあがけるだけあがいたけどね!

テテ:倒してるのにどうしてうまくいかないのかしらね。

リザレクションひどい。

テテ:…当たり前でしょ…。

へいへい。

残り3回のうち2回。

闇3体でどうしろと。以上。

テテ:短っ!もっと他に言うことないの?

ねえよっ。

でもそんなデッキが万能なわけがない。

うちの以前の魔種どもや海種どもを使えば簡単に押せる。

つまり属性特化は弱点付与を使わない限り特定の種族にしか勝てないのだ。

アフ:つまり私たちは偶然にもそのような相手に出会ってしまった。

うむ。こればっかりは運だな。

まともに戦えるわけがない…。

んで、最後の海種ね。

ようやくまともな戦いでまともな負け方したよ。

見事に相手の策にかかってしまったよ。

アテ:油断大敵を忘れてはならない、主殿。

まったくもって申し訳ない。

エクセレント2回とったからつい油断を。

主人公単身で移動し、アディションUでWアルカナを呼び寄せるとは…。

いい作戦を見せてもらったよ。感服。

アテ:Wアルカナを運搬する手段は透明化や速度ペーストなどがよく用いられる。主人公の速度が速いならばアディションがいいのかもしれないな。

だが、それに気づかれるとフルボッコにされるのな。

サーチをとっとと直せばよかったなぁ。

ここもきっと作戦だったんだろうが。

いつか真似させてもらおう。

テテ:…いい戦いしてるじゃないの。

だからいいだろ別にテンション上がったって!

まともに戦えたの実質5回だ!それで3回勝ってんだからいいじゃん!

あんなふうに移動を抑制できるとゾクゾクするねっ。

アテ:しかし油断は否めない。主殿、もっと戦いを見極めれるようになってもらわないと困る。

…さすが戦女神。言うことはきっちりしてやがる。

ん、まああの負け方はホントに申し訳ない。

アテ:あ…いやその、我は主殿を責めているわけではなく…その…。

テテ:あんたね…。

…とりあえずチェック力をアップだ。

アフ:まあ!これはなんでしょう?

いきなりなんだロリ2号。

アテ:そ、それは…。

なんでソレがここにあるんだよ。

アフ:わかりません!

お前がわかってたら盛大にツッコミかますところだよ!

アテ:とにかく持ち主に返すべきでは?

コレ何て言えばいいんだ?

テテ:そんなことどうでもいいでしょ!

よくねえよ!

テテ:とりあえず…ノートって言えばいいじゃない?

エイルのノートねぇ。

ヴィ:なぜエイルはここにおらぬのだ?

…研究に大変といっていたがノート忘れるなんてなぁ。

テテ:早く返しなさい!

ということで赤メタトロン、よろしく頼む。

サン:ここまで出番がなかったが…それのためか。

だってメタトロンとかぶってどうしようもないんだもん。

サン:くっ!身もふたもないことをいいおって!

いいからとっとと行け。出番があっただけましだぜ。

サン:…覚えておくがいい!

ふう。

テテ:アフロディーテ、ローゼンシュベルト。

アフ:きらめく薔薇を咲かせましょう!

何でだよ何でだよぶふぉあっ!!

ヴィ:難儀だな。人というのは。

テテ:人じゃなくてこのダメ猫に訂正しなさい。

アテ:(この軍でもっとも力を持っているのはテティスになっている…?)

…テティス、アキレスはな…。

テテ:待って待って待って!それを言わない!言うな!

アキレスは不死身にならない部分があったんだ…。それは不覚にもテティスが…。

テテ:ああああああああー!悪かったわよ!私が調子乗りすぎたからっ!それ以上言わないで!

ふんっ。

アテ:(そういうわけでもないのか…。さすが主殿。)

アフ:結局なんだったのでしょうかここまで。

ヴィ:考えたくもないな…。



―人間というのは無意味なものを求めるのだ。

これが心理だ。

byどっかの偉い人

category: えるおぶいり

tb: 0   cm: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2010/12/01 21:14 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2010/12/01 23:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://satukibrrenahibi.blog25.fc2.com/tb.php/545-0ab40009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪れた迷い人数

プロフィール

ついったー

雑貨喫茶・五月晴亭

フレンドリンク集その1

フレンドリンク集その2

フレンドリンク集その3

ただのリンク集

マビノギ時計

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。