気分はいつも五月晴れ

自称ゲーマー・ブレイブの気まぐれ日記(・ω・)ノ いろんなことちまちまやってたりします(=ω=)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

~LoVスターズ不毛道~第01話「こうなりました」  

というわけで今日から特殊記事として、

もうこれ系メインのカテゴリーにしますた。

サキュ:イエーイ!

清:遺影…?

アテ:いいのだろうか、これで。

もういいです。

いちいち分けて書くのも面倒くさいんでこうします。

主な出演使い魔はこのアホ共にちょっと足したのと降魔が三羽ほどおります。

サキュ:もうツッコミどころしかない。

というか正確に言いますと、実際にデッキで使ってる使い魔でゲスト以外のやつらが基本出演者となりやんす。

ということでですね、今回のお話のテーマはこちら。

・アリスたんカップ

・伯爵昇格!

・サキュバスの待遇

アテ:一つ変なテーマがあるのだが…。

それは追々。

さて、最初はアリスカップから。

考えてみればこういう大会イベント系は初参加であった。

清:周りの方々が皆恐ろしい覇気を纏っておられましたね…。

俺、子爵。周り、覇王。

わかってたけどねー。

普通のプレイヤーには優勝なんて無理です。

PRアリスが手に入ればそれでいい。

サキュ:けど主催者からは参加賞のみの参加だけでもおk的なことも言ってたのに、わざわざ揉まれに行くなんてねー。

そこは貴重な体験。

負けることが分かっているのできよひーのよm…女子単デッキで挑んでみた。

アテ:結果は当然大差で敗退、だったな。

でなきゃおかしいっつーに。

結局その人、今回の大会で2位だったし。

一矢報いることさえ実質かないませんでした。

アテ:あえて困難に挑む姿勢は悪くないと思うが。

きちんとアドバイスいただいてきましたとも。

複スマをカードを分けつつ撃つコツとか、結構重要ですよ。

サキュ:むしろなんで今まで気づけなかったのかしらねぇ…。

うっせい。

後は今まで漂泊に頼ってばっかりだったけど、

USの使い方とか相性とかもアドバイス貰ってきた。

清:降魔が絶対、とは限らないのですね…。

というかですね、今回の優勝者さん、一切降魔呼ばないで勝ったんですよ。

使いかたが上手いのはわかるが、とにかくエグかった…。

サキュ:カロンでじゃーっ。デルビウムでカチンコチン。

ね。

アレの対策はそれこそ引き寄せとか使わない限り崩せんよ…。

ということで、次の日いつもの相棒とともに秋葉原へ駆り出しまして。

まーまー、今回も見事にやってくれましたわ。


サキュ:ガンスリンガーストラトス、だっけ?

色々また見せてもらったけど、全国は悲惨だったねぇ。

ド素人の俺でも分かるくらい封殺。

ミッション、ろぶで言うところのストーリーモードは快調だったんだけどね。

どうしたらあんな目まぐるしく動けるのやら。

アテ:やりこみ具合が違い過ぎるからだろう。

デスヨネー。

その代わりろぶは先輩な訳で。

ストレージボックス掘りでダブったレアなんかを提供してる。

ネメ:ここに我は二人も必要ない!

何故ここで出てきたし…。

元々どの使い魔も二枚はいらんちゅーの。

それからカードショップでお互いに1500円ガチャをやる馬鹿二人。

これ、SR以上確定なんすけど、新規でも1500円以上するものってなかなかなくて、

それだけならまだしも旧表記のとか出ることもあるから、

どっちかというとボッタクリに近いわけ。

それでもやりたくなるのは…性なんですかねぇ…。

キュベ:愚の骨頂ね。

ダブらなければ満帆だからいーの。

相棒がキッチリ持ってないSRオリオンという。

俺がまだ初心者の頃トラウマを植え付けられたミラという過去の使い魔。

これとほぼ同じスペック、同じ技を持つ恐ろしい使い魔なんですわ。

アテ:パーティーをプレイスクリーンの四隅に強制移動か…。

ちょうどアテナとヴィシュヌでやってた時期だったねぇ。

ただ、オリオンは何故か買おうと思うと300円程度ですんでしまう。

金額は考えちゃダメッスね。

ちなみに俺は【祝福】テティス。

欲しいなーって言った矢先でした。

買おうと思うと500円。

サキュ:だからお金は考えちゃダメなんじゃ…。

んで全国対戦を、アリスカップでのアドバイスを活かして戦ってみました。

使用デッキは不死女子単。

ストリガが入ってるやつね。

清:頑張りました…。

むしろ一番忙しかったと思われ。

しっかり戦ってみたら、まさかの安定勝利。

USもちゃんと選んで使い分ければ十分強いんすね…。

アディションとリザレクションU。

漂:ようやく戦いから解放されました。

Lv20だもんね。

んで、昇格試練の発生と。

清:6戦中3回の勝利です…。

このままの勢いだったらいけるんじゃね?

と、案の定女子単で軽く一勝したが、

ちょっとガチで勝ちに行こうと思った。

これがいけなかった。

ジャ:黄泉神入りで何故三回も負けた!

わかんね。流石に凹むわー…。

なんとか一勝したが、もう後がないという。

そこで相棒の出番。

「調子のいい女子単の方でやるべきッスよ!」

…。

なんの因果か知らないがその時の排出がストリガ。

これはいけってことなのかなーと思った。

スト:見ていられんというやつじゃ。

そして最後の相手。

オリオン、デルビウム、【】ポセイドン、フォッサ、イヌデンテム。

(゚Д゚)…。

俺の嫌いなパターンな上にオリオンだとぅ!?

もはや死を覚悟したわ。

ところが。

なんとまあ、勝利してしまい子爵から伯爵へ無事昇格できますた…。

スト:やはり妾の力が必要なようだったのう。

みたいです。

最後まで必死だったぜ…。

イヌデンテムをなんとか残してエクセレントに持ち込めたし、

オリオンは運よくさほど影響が出ない施設の側で使わせれたし。

アテ:あんな乗り切り方とは…。

…まあホントラッキーだったよ。

ちなみにあの技、リセットが効くみたい。

あとレバー移動は可能だから逃げられる可能性もある。

使う場合はタイミングを見極める必要はありそうだな。

アテ:基本的には相手がアルカナの上で陣取っている時が良いだろうな。

というわけで無事伯爵になりましたーパチパチパチ。

女子単で昇格するとは思わなかったが。

そのあとの対戦でブレブルデッキで単体落としされまくって負けたけどな!

サキュ:ほぼ相性の問題よね。

(ノ∀`)タハー

さて。

伯爵昇格後、試してみたかった新生魔種女子単を使ってみました。

その内容がこちら。

ミーティア、【】サキュバス、魔王、メデューサ、アジルス、【】フェアリー、神罰の執行者、主光レイピア。

USはアウェイクとサクリU。

魔種って女子単で組むと割とガチになるからすごいよね。

で、最初は初運転ということもあってか敗退。

シールド無いからどうしようかって状態。

結論、殺られる前に殺れ。

メデュ:まさに魔種らしい考え方であるな。

メデューサ姐さんとフェアリーの速攻ぶりはハマる。

人獣でなくともかなりの脅威になりえる。

ホントに10コスかお前…。

メデュ:知るか。

次の対戦では人獣デッキで、徹底的にメデューサ姐さんが一掃。

何気に相棒のホームの人だったという。

そして次の対戦で奇跡が起こる。

相手は【】帽子屋入りの不死デッキ。

【】帽子屋、グレハー、ドリアン、八神、【】モルガン、主撃ピア、背徳。

これが帽子屋と八神の相性が良く、

こちらがなかなか落とせないのに対して単体をきっちりやられていく。

背徳まで出てきて戦闘に押され気味に。

なんとかサキュバスとネメシスで応戦するも、気付けば残りカウント僅か。

と、00になったところで普通は決着がつくものだが、

諦めずサキュバスとレイスティンガーを放ち、背徳に当てる。

更に魔王をネメシスに使い、方向を背徳へ。

そして…

カウント00の間に背徳を撃破。

アルカナゲージを僅差で逆転し勝利した。

サキュ:つ、疲れた…。

ネメ:流石に我も届くとは思いもよらなかった。

やってみるもんだね。

背徳撃破による降魔死滅と、降魔で止めを刺したことによるアルカナ削りのダブルパンチ。

相手も面食らっただろうなー…。

サキュ:何より一番自分が驚いてるパターンね。

ということで今回頑張ったサキュバスにはご褒美をあげよう。

サキュ:キター!遂に私の色香が報われるときが!

…。

サキュ:…ハッ。

ニーヴェルン…

サキュ:違いますよねそうですよね!今のは淫魔ならではの口が滑ったといいますかホントごめんなさいごめんなさい!

─ピュー

ふんっ。

─ギュムッ

サキュ:アニャァ!?

─ベチッ

サキュ:へぶっ!!

フェ:うわ、痛そー。

ミー:逃走を図るサキュバスを尻尾を踏むことによって阻止。その勢いで顔面を床に殴打する。見事だ。

サキュ:あう…。

フェ:あ。

メデュ:お前、泣いているのか?

む…。

サキュ:いつもこうなんだもん…。なんでか淫魔らしいこと出来ないし、そのせいでいじめられるし…。

フェ:あーあ。泣かしたぁ~。

ぐぬぅ。いつもの条件反射でやってしまった。

今回からは少し良くするつもりだったのだが…。

アテ:まさか、最後のテーマはこれのことか…?

メデュ:貴様は!!

アテ:貴女は…。

清:主様、因縁の対面でございます…。

メデュ:こんなところで会うとはな!覚悟をおし!

アテ:悪は貴女でしょう!我の神殿を汚しておきながら!

だー!面倒見切れん!

サッキュン!ほれ!

サキュ:…これは?

とりあえず今日のところはそれで勘弁してくれ。

キュベレー!キュベレーはいるかくそぉぉぉ!

フェ:何貰ったの?また絵本?

サキュ:コート。暖かそう…。

清:サキュバス様はいつも薄着だから…かもしれません…。

サキュ:別に淫魔だから平気なのに。

フェ:ま、いーんじゃない?満更でもないんでしょー。




キュベレー!

キュベ:あによ。今いそが

それ貸せ!

キュベ:ちょっ!おまっ!!

メデュ:私の力で貴様も石にしてくれる!

アテ:その力の元は我にあり!簡単には通じ

貴様らやめい!

必殺、キュベレオストライク!!

─ゴォォッ

アテ:っ!?

メデュ:なに…!

─グシャアッ

はぁ…はぁ…。

撃と闇の混合だから丁度いいだろう…。

キュベ:何してんのよまったく!

再生も司ってるから最終的にはこれで殴っても平気かなーって。

キュベ:そんな女神の力を便利グッズみたいにすんな!

ということであとよろしく。

キュベ:アンタねぇぇぇぇぇ!!



で、なんだっけ?

サキュ:ふぉーりんらぁーぶぅ~♪

スクリュードライバー!!

サキュ:危っ!?なんでこうなるのよー!

チッ、逃げたか。

最近避けるのと逃げ足が早くなった気がする。

清:わざとですよね…。

アメとムチ。

アイドル使い魔なんだから厳しくいくぜ。

最も、もう痛いことはしないが。

新魔種もうまくいきそうだし、

後は神族の罠ロマンを使ったら善戦して負けました。

ということで今回の勝率は50%なり。

で!

散々茶番を展開しておきながらまだ今回の話には続きがありまして!

清:長いです…。

ぎゅっと濃縮したからね(ノ∀`)タハー

リミテッドストレージボックスのキャンペーンはまだ続いておりまして、

今回遊んだらシールが良い感じに貯まってくれたわけですよ。

200-200だけど6プレイおきに出るもんだから。

そこで、うちは全種コンプリートしてるのに対し、

相棒が海しか持ってなかったんだわ。

せっかくなので相棒の為にもう一個目指そうぜと話になりました。

残り一つというところで事件は起きた。

なんとシールが台紙ごと紛失するという失態!

周りにいた人にも聞き込むがそれでも見つからず。

渡したよねー?的な会話も飛び出し諦めかけた頃、

相棒の鞄から無事見つかりやがりました。

清:主様を疑うなんて…。

いや、そこメラつくところじゃないからな?

清:しかし、施しを受けた者のそれではありませんよ…。

え…そこまでいく?

ハリセン一本あれば解決することなのに。

清:…それは…そう、なのですか?

聞き返されちゃったよ。

くっそかわええな全く…。

まあね、俺もGSでちょっと良い体験をさせてもらったし、

後は…。



ネメ:ん?何やら殺気を感じ

せいやぁ!!

─ドゴォッ

ネメ:ひゃぁあ!?

─ズデッ

ネメ:痛っ!

逃っげろー。

ネメ:あたた…。お、おのれ!我をだるま落としするとは!裁きを下してくれるぅー!

あひゃあひゃ。

ネメ:このっ!このっ!このっ!このーっ!!

なんの、ディドルディドル!

ネメ:くっ、卑怯な…!

サキュ:何…これ…。

というわけで今回はこれまで!

またなのだ!

category: えるおぶいり

tb: 0   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/01/29 16:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://satukibrrenahibi.blog25.fc2.com/tb.php/826-97868932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪れた迷い人数

プロフィール

ついったー

雑貨喫茶・五月晴亭

フレンドリンク集その1

フレンドリンク集その2

フレンドリンク集その3

ただのリンク集

マビノギ時計

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。