気分はいつも五月晴れ

自称ゲーマー・ブレイブの気まぐれ日記(・ω・)ノ いろんなことちまちまやってたりします(=ω=)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

蕎麦好き提督鎮守府日誌 第八回  

生きてます!

ブレイブだ!!(°Д°)クワッ!!

睦月型4匹連れてキス島のボスに行く任務が辛すぎる!!

ボス手前で必ずと言っていいほど大破する…。

改装が足りないのかとも思うが、結構無茶ぶりでっせこんなん!

しかし改めて思い返すと初めてキス島をクリアしたときは、

島風・雪風・夕立・時雨・響・叢雲

を全員改にするのはもちろんのこと、

レベル30以上にして装甲だけでも改装Maxにしてたんだった。

それでもなかなか辛かったからな。

睦月型はただでさえほかの駆逐艦と比べると劣りがちだから余計強化しなきゃだろうし、

まだまだクリアラインには遠そうだなぁ。

聞いた話じゃダメコン積んで復活させながら戦ったとかいう人もいるとか。

育ててもダメだったらそうするしかなさそうだな(

そしてケッコンカッコカリシステム、

まあいわゆる艦娘の成長限界突破なのだが、

予想以上にネタ的にもガチでビビった。

条件としては艦娘のレベルを99にしなきゃならないのと、

任務をいくつかこなして「書類一式」というアイテムが必要だということ。

…このアイテム名からしてガチじゃねえか…。

で、このアイテムは、課金700円で追加購入することも可能。

つまり無課金では1人しか限界突破できないのだが、

課金してジュウコンすることも、というわけだ。

…まあ、そんなに必要ではないんですけど。

そもそも限界突破が必要なシステムではないし以下略。

俺は何ヶ月先になるんだかな。










俺:潜水艦すげぇ!

伊19:ふふーん、この伊19にかかれば、オリョクルは朝飯前なのね!

俺:オリョールクルージング、略してオリョクル。

伊168:潜水艦が増えたらもっとやりやすくなると思います。

俺:そう思って建造したぜ!伊58と伊8や!

伊8:グーテンダーク。これから強くなるから、宜しくお願いね?

伊58:伊58ことゴーヤ!推参でち!

伊19:提督、もしかして…スク水マニべふぁ!!

俺:違わい。しかし、資産の回復にはこれで困らないが、際どいが故に公の場では使いづらいのが難点か。

伊58:それ言ったらダメでち。そもそものめーかーがニャニャニャでち。

俺:メタらなくてよろしい。ほれ、とっとと行って来い。

伊19:提督は潜水艦使い荒いのー!

伊8:ところで提督、ここに来て早々失礼かもしれませんけど、ひとつ聞いてよろしいかしら?

俺:ん、なんすか?

伊8:提督はその…誰、を選ぶのかしら?

俺:…え?答えなきゃダメっすか?

伊19:イクも気になるのー!誰?誰?もしかしてイクなのー?

俺:お前はとっとと行けっ!

島風:提督!ご報告があります!

俺:な、なんだ突然!?

島風:見てください!



島風a:駆逐艦島風です!

島風b:スピードなら誰にも!

島風c:負けません!

島風d:速き事、島風の如し!

島風e:です!

島風:喜んでください、私達の元気な赤ちゃぼふぁっ!!!

俺:狙った訳じゃねぇわぁぁぁぁ!

伊8:まあ、皆お母さんにそっくむふぉっ!

俺:ちげえっての!乗らなくていいわ!

長門:提督が以前まるゆだらけの鎮守府を夢に見たというが、その前に島風だらけになって…おっと…。

俺:なんでいつの間にいるんだよ!?
ってかナチュラルな動きで鼻血抑えんじゃねぇぇぇ!!

瑞鳳:ててててててててててててててててててててててててててててて提督…いつの間にこここここんなに沢山のお子さんをはむあっ!

俺:あからさま過ぎ!!って俺も突っ込むところおかしい気がする!?

曙:こんのぉ、ロリコンクソ提督!最低だわ!!クソ提督なんか敵艦の蜂の巣になももふぁっ!

俺:むしろ普通過ぎ!曙らしすぎてどうリアクションしたらいいか分かんねーよ!!

愛宕:提ほふっ!

俺:あ、スマン、条件反射で投げちまった。

金剛:提督さーん!島風ちゃん達にお困りならこの金剛にあばばばばばばばもふぁー!!

俺:長門とある意味被んなよ!普通にしろ普通に!!

比叡:お姉さまに投げ付けるなんて、いくら提督でも許せるかもしれませんが許せませんよふぉおおおおおおおおはっふん!

俺:ただこの場に混じりたいだけだろお前!!

大井:何…これ…。

北上:提督さーん、良くわかんないけどロリコンおめでとーひゃっふぁふん!

俺:よく分かってんじゃねぇかぁぁぁぁぁ!!

大井:北上様ぁ!?提ほほふぅ!!

俺:絶対来るから先制攻撃!

天龍:おー、なんか楽しそうじゃねえか!枕投げの名人と呼ばれたこの俺が震え上がらせてやどふぅあ!!

俺:どこに怖いところもっていこうとしてんだよ!!

龍田:提督さ~ん、パスパス~ひゃっ!

俺:スマン!手が滑った!後は頼む!



「この後滅茶苦茶枕投げ大会した。」



五十鈴:ナニコレ!?

俺:まあ、もう選択肢は一人しかいないわな。

五十鈴:いいんじゃないかしら?運命かもしれないし、案外「みんな」そう思ってるわよ。

俺:…レベルも一番近いしね…。

五十鈴:この枕、なんか変わってるわね。生地も薄くてとっても軽いし、凄くフワッフワしてる。

俺:顔面めがけて投げる専用に開発した特徴品だ。

五十鈴:どこに力注いでんのよ…。

俺:艦娘に痛い思いさせるわけにはいかないだろっ!気軽に遊べるしな!

五十鈴:まあ今更だけど…。
ってかさ、あの子じゃなくて私が〆ていいのかしら。

俺:みんな枕投げ大会に熱中してるから無理っす。痛くないから燃料が切れるまでやり続けるだろうし。

五十鈴:…これでいいのかしらこの鎮守府…。

category: 艦これ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://satukibrrenahibi.blog25.fc2.com/tb.php/889-ff8632ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪れた迷い人数

プロフィール

ついったー

雑貨喫茶・五月晴亭

フレンドリンク集その1

フレンドリンク集その2

フレンドリンク集その3

ただのリンク集

マビノギ時計

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。